防水スマホ(LGL24)を海で使った後分解してみた

こないだ海に行ったところ、魚がいっぱい!
ということで買ってから1ヶ月も経っていないauの防水スマホLGL24を持っていたので写真を撮る事にしました。

ジップロックに入れてやろうとしたけどぼやけて役に立たず、
しょうがないから裸で海の中入れてやりましたよ。

しばらく動作していたけども、海から上がると画面の操作ができなくなり、
とりあえず電源を落とすことに。

電源を落とした後もなぜか熱を持っていて、なんかやばいことなったかな~という雰囲気。

しばらく後に水道の水に30分くらい漬け、乾燥。
やっぱり電源は入らない。
一日放置。

充電ランプつかなくなっていたのが、つくようになったよ!ヽ(・∀・)ノ
だけど電源は入らず、死んだかな~としょぼーん。

裏蓋を外してみると、水没反応シールがにじんでいなかったので、
もしかして無償修理いける!?と思ってみたけど、
グーグル先生が言うには、基盤が腐食とかあったら水没認定されるのでだめだと。

数日後、どうせ壊れてるなら分解してみようってことでY字ドライバー買ってきました。
他の安い精密ドライバーセットとかにもY字はあったんだけどもねじが回らなかったためこれを購入。
460円。

ねじをはずしてもカパッとは外れず苦戦。
中で接着剤のようなものがついている模様。
さすが防水。

力をいれて外していくと接着剤も取れて無事に基盤とご対面。

想像以上に腐食が・・・(・ω・)
捨てるか・・・(・ω・)

防水といっても水は入るようなので皆さんご注意を( ・ω・)ノ


コメント